2021年のサプライチェーンと在庫管理の傾向

2021年の米国のサプライチェーンと在庫管理の傾向

2020年に注目すべき昨年のサプライチェーンと在庫管理の傾向のリストには、サプライチェーンの「グリーン化」(つまり、サプライチェーンのすべてのステップでの環境に優しい慣行の成長)、人工知能の成長などが含まれていました。 (AI)および中小企業向けの機械学習とグローバル化。その後、2020年は世界的なCOVID-19パンデミックによって混乱に陥りました。ここでは、1年後、採用する2021年のサプライチェーンと在庫管理の傾向を判断しようとしています。

中小企業は、パンデミックの影響を不均衡に受けています。2020年5月の世界貿易量は2019年5月と比較して17.7%減少し、特に米国、日本、EUからの輸出に影響を及ぼし、国際貿易とロジスティクスは停滞しました。現在でも、2020年の世界のGDPは2020年に推定4.3%縮小しました。

これはすべて、2020年に世界経済が大きな打撃を受け、パンデミックが目前に迫っているという本当の終わりはないということです。レジリエンシーは現在、サプライチェーンのゲームの名前です。それを念頭に置いて、ここにあなたのビジネスがパンデミックより長持ちするのを助けることができる2021年のいくつかの傾向があります:

  • サプライヤーの多様化
  • オートメーション
  • eコマースに焦点を当てる
  • クラウドベースのテクノロジー

これらの各トレンドの影響を見て、2021年のサプライチェーンにそれらをどのように組み込むことができるかを見てみましょう。

サプライヤーの多様化

サプライヤーの多様化は、サプライチェーンの回復力にとって重要な要素です。米国は強力な国際貿易ネットワークを構築しており、サプライヤーは国境を越えていることがよくあります。国際的なサプライヤーと国内のサプライヤーの両方に利点があります。国際的なサプライヤーの場合、製品は通常安価であり、ディストリビューターとセラーの利益率が高くなります。また、生産能力も高くなりますが、これらの長所は、リードタイムが長く、送料が高くなります。追加の関税、そしてしばしばより高いMOQ。国内のサプライヤーの場合、通常はその逆です。リードタイムの​​短縮、輸送コストの削減、関税の発生なし、通常はMOQの低下に加えて、通常、国内調達の製品は高品質です。さらに、国内調達は魅力的なマーケティング戦略として機能します。ただし、これらは効率が低下する傾向があり、製品は通常より高価です。

決断するのは難しいです。ディストリビューターとセラーは、サプライヤーを選択する際に、優先順位と管理できる内容を決定する必要があります。ただし、2020年には、「すべての卵を1つのバスケットに入れないでください」という古くからの格言が正しいことが証明されています。COVID-19が年の初めにヒットしたとき、国際貿易は混乱し、国境が閉鎖され制限が変更されたため、注文を履行するために必要な製品を調達するために販売業者と販売業者が争いました。ここでサプライヤーの多様化が始まります。これはすべてのサプライチェーンの混乱に対する絶対的な答えではありませんが、多様化はサプライチェーンの混乱の悪影響を軽減し、調達オプションを開いたままにすることができます。

オートメーション

自動化にはいくつかの異なる形式がありますが、最終的に自動化はテクノロジーを使用してワークフローを管理し、プロセスを改善します。人々は通常、サプライチェーン内の自動化について言及するときに、倉庫内のロボットや自動運転トラックについて考えます。ハードウェアはその代表的な例です。まだパッケージを配達するドローンはありませんが、Amazonなどの倉庫内にロボットがあります。アマゾンは、米国中のフルフィルメントセンター内で在庫を移動する20万台以上のロボットを導入し、より効率的なサプライチェーンを構築しました。

しかし、自動化は、ソフトウェアとして、サプライチェーンの他の領域にも浸透しています。現在、ほとんどのサプライチェーンは、SMBであっても、「ペーパーレス化」しています。つまり、彼らはデジタル化しています。これは、エンタープライズリソースプランニング(ERP)ソフトウェアまたは倉庫管理システム(WMS)を使用して、ビジネス、サプライチェーン、および倉庫全体を管理している企業で明らかです。これらのツールにはまだ手動入力が必要ですが、在庫の最適化からクレジットカード処理、出荷ソリューションまで、ミスを最小限に抑えて生産性を向上させるために、さまざまなタスクを自動化する多数のソフトウェアアドオンがあります。ソフトウェアによる自動化のこれらの成果は、パンデミックが激化し、SMBが収益性を維持するために戦う必要があるため、特に重要です。

eコマースに焦点を当てる

eコマースは2020年に本当に最前線に立ちました。パンデミックは「わずか数週間で何年もの成長を加速させた」。このレートは2021年に減速すると予想されますが、eコマースは引き続き販売のための貴重なプラットフォームであり、成長を続けます。しかし、eコマースは買い物客が閲覧できるWebサイトを持っているだけではありません。これには、迅速で信頼性の高い注文処理が含まれます。消費者は今や速くて送料無料に慣れています。バーは設定されており、かなり高く設定されていますが、eコマースはもはやB2Cだけのものではありません。B2B eコマーストランザクションは、2023年までに1.8兆ドルに達すると予測されています。

2021年以降は、中小企業がeコマースの運用を最適化することが不可欠です。利益を最大化するために、eコマースを使用する企業は無駄のない効率的なサプライチェーンを持っている必要があります。また、顧客の傾向を正確に予測し、競争力のある価格を設定し(オンラインでの価格比較が容易になるため)、注文を効率的に処理する必要があります。おそらくeコマースはオムニチャネル販売戦略の一部にすぎないため、在庫切れや過剰在庫を防ぐために、サプライチェーン全体の在庫の正確な概要を把握することも重要です。eコマースは2021年以降も収益性と関連性を維持するための重要な要素ですが、成功するには慎重な管理が必要です。

クラウドベースのテクノロジー

サプライチェーンが国境を越えて広がり、ソフトウェアによって管理されるようになると、クラウドコンピューティングの必要性が高まります。クラウドコンピューティングは、データストレージ、サーバー、コンピューター電源などのオンデマンドのコンピューターシステムリソースであり、インターネットを介して提供されます。クラウドベースのサービスは、運用コストを削減し、ビジネスの成長に合わせてビジネスを簡単に拡張するのに役立ちます。クラウドベースのテクノロジーは、大規模で高価なテクノロジーインフラストラクチャに投資する必要がなくなったため、特にSMBにメリットをもたらします。これらの余分なコストを削減することは、2021年にお金を節約するための「簡単な」方法の1つです。

もちろん、クラウドベースのテクノロジーには、ほぼどこからでもアクセスできるという追加の利点があります。COVID-19により、ますます多くの人々がリモートで作業するようになっているため、これも重要です。インターネットを介して配信されるため、情報とデータはサプライチェーン全体でサプライヤや顧客と簡単に共有でき、コミュニケーションの手段を開いたままにして、情報を必要とするすべての人が情報にアクセスできるようにします。

クラウドは、コストを削減しながら企業がサプライチェーンに接続し続けるのを支援し、企業をこれまで以上に競争力のあるものにします。

こういった、クラウド的な考え方が、今後も在庫管理としてはとても重要になります。

また、クラウド化するという事は、アクセスする場所をあまり問わないというメリットもあるので事業者や、管理者レベルであれば、時間の有効活用という事にもつながりそうです。

 

例えばそういう、売り上げを支える在庫の管理で評判がいいシステムを提供している会社がありますが、興味がある方は一度サイトをご覧ください。

2週間無料体験というようなお試し期間もあるようですので、試してみるのもいいかもしれません。

そのシステム会社さんは、コウガシステムという在庫管理システムを作られてあります。

https://kougasystem.com/

リアルタイム在庫を確認する事ができます。
ネット環境があれば、いつでもどこでもいま現在の在庫を確認できます。

  • 出荷指示検索
  • 出荷指示個別検索
  • 出荷指示データ削除
  • 配送実績データ削除

 

といった事は当然できますし、

 

  • 出荷指示データ入力
  • 出荷指示データ取り込み
  • 出荷データ処理
  • 運送会社の配送実績管理
  • 実績データダウンロード

というのもできます。

そして一番大事な在庫情報の以下の内容についても対応可能です。

  • 入庫作業処理・入荷承認
  • スポット出荷処理
  • 在庫調整処理
  • ロケ移動処理
  • 倉庫移動入庫・出庫作業
  • 在庫組み合わせ作業
  • 在庫検索

在庫管理で難しいのは、商品の発注から、受注、発送を行う間に、イレギュラーな返品などが、受注とほぼ同時に起きた際に、

無い商品を受注してしまった。という事や、

存在する商品だったのに、紙やエクセルで管理していた情報だと在庫が無いと表示してあったりした時に、せっかく販売できるチャンスを見逃してしまったりという事もあると思います。

ない商品を受注してしまった際には、商品が買えると思っているお客様からすれば、物によっては、その販売される物に合わせた別の何かの手配などにも影響がでたりします。

そこに、別の費用が掛かっていたりした場合は、お客様からしたら、その費用の弁償などの事にも繋がる可能性がでてきます。

そういった事にならないように、現在のリアルな情報というのがはっきりするクラウドタイプの在庫管理システムが以下のリンク先にあるコウガシステムさんの在庫管理システムです。

 

 

 

家具の販売事業の方向けに家具 在庫管理システムの事についてまとめましたのでコチラも参考ください。