家具の在庫管理システムとして優秀なコウガシステムの紹介

様々な在庫管理システムが世の中にあり、様々な事業者の方が、それぞれ自身のビジネスにおける在庫管理システムで最適なものを模索されてあると思います。

今回そのなかでも、家具といった物が大きい物で広い面積を要する物を販売されてある方に最適な在庫管理システムを紹介致します。

 

家具の在庫管理で課題になること

物が大きく形もバラバラなので、どうしても在庫を管理する際に面積を広く取る必要があります。

面積を広くとるという事は、ある在庫の家具の受注が合った場合その家具を広い倉庫から探し出し、それを発送の準備で家具を発送中に痛めないように養生したり、さらには梱包したりする事を行った後、発送の手続きとして、その商品の残りの在庫数などを事務方へ伝えたり連携や伝達、などが必要になります。

また、その在庫がもしゼロになった場合は、そのスペースが空くという事にもなりますので、その空きスペースに同じ家具を仕入れるのか?もしくは、違う家具を仕入れた時にそこに在庫として置くのか?といった事が起きます。

その時に、倉庫の担当は把握しているが、事務方は在庫数の事しかしらない。

そうなった時に、例えば、新たな商品を仕入れるという事になった際に、その新たな家具の横幅、高さ、奥行きによって、どこにその家具を置いておくのか?という事を事務方と、倉庫担当とがいちいちやり取りしなければいけません。

その時に、もし、その倉庫担当者が休んでいた場合は、別の倉庫担当者に確認するか、もしくは、紙やエクセルで記録対応していた場合、紙であればその紙を失うリスク、紙に書き損じるリスク、紙に書いた文字がよくわからない事で結局倉庫担当者へ確認しなければならないといったことが発生します。

また、エクセルの場合は、仕様設計が基本は表計算として作られているので、自由度が高く汎用性はありそうに見えますが、操作ミスでセルを消してしまう。計算式を消してしまう。また、PCに保存するエクセルファイルというファイルで対応した場合、そのPCが破損すると使えない、そのエクセルファイルが壊れる、失うという事があれば、使用できなくなるという事になります。

またクラウド対応で、スプレッドシートであれば、オンラインで操作ができますが、結局はほとんどエクセルと同じなので同様のミスはなくなりません。

エクセルやスプレッドシートでは対応できなくはないですが、結局紙ベースで行っていることをただ、電子化しただけになるで、紙ベースよりはいいですが、結局はアナログな面がただデジタルになっただけなので、販売管理という面でのスピードや正確さといった点では、そこまで精度は高くなりません。

そうすると、対応するスタッフの力量や応用力という事に依存するので、大事なスタッフが居なく成ったりする度に、代わりの担当者を用意しなければならず、雇用の問題や、新たな従業員を雇用する必要もでてきますし、さらに言えば、雇用したスタッフを教育するというとても大変な対応が待っている事になります。

そして、スタッフの力量や応用力に依存する形であれば、いつまたそのスタッフが辞めてしまうかわからないという事が永遠に続いてしまいます。

これは、家具の販売における在庫管理システムをどうするのか?だけではく、どの商品を販売するにしても、商品毎の特性、色、重さ、消費期限、デリケートな面、衝撃、仕入れから販売までのサイクルの速さ、お客様から望まれる幅広い在庫をする・しない、といった事が、それぞれの商品においてあるはずです。

これらは、応用力やマンパワー、気付きといった事の人間力だけでは、到底まかなえません。

 

だから、簡単、かつ正確、スピーディといった事で人の意識を割かないようにして、もっと重要な顧客満足度や、商品そのもの、または商品を管理する倉庫への対応などに、人だからこそ出来ること、人が対応すべき事に人的リソースを割くべきであると言えます。

 

 

家具の販売にマッチしたコウガシステムの在庫管理システムの仕様

インターネットブラウザを使用したクラウド型の在庫管理システムで構築。
一般的にパソコンにインストールをしてオフラインで使用する在庫管理システムとは違い、外出先からでもスマホ一つあれば在庫管理チェックが可能です。

コウガシステムの在庫管理にはこのように記載されてあります。

スマホで対応できるという事は、操作性や使用感などの精度を高めなければなりません。

そういった事までも対応しているからこそ、自信をもってサイトにも掲載されてあるわけです。

外出先からスマホで見れるクラウドがた在庫管理システム

 

コスト面でも素晴らしい在庫管理システム

物流会社様のお客様単位でURLを発行しますので、一台のPCで複数のお客様の在庫管理システムが導入可能です。
そのため、物流会社様でのお客様が違っても管理体制及び在庫管理・出荷管理作業方法の統一化が図れます。

今回の記事では家具の販売としてを伝えていましたが、同じ会社内で、別事業を行ってある場合もあると思います。

そういう時でも、この在庫管理システムがあれば、お客様が違っても同じ物流管理としては対応可能です。

 

月額定額での利用なのでシステムそのもののメンテナンスは気にしなくてもOK

よく買い切りのシステムを望まれる方も居ますが、物流の管理は、やはり、物が誰に買ってもらえるのか?という事の中の一部であるかぎり、販売しやすい状況へ事業がシフトしていく事も少なくありません。

おおよそ2年単位で、需要の中身はかわるという場合も、意外と合ったりします。

そういう時に、買い切りのシステムの場合は、運営コストこそ少ないですが、それは結局の所、業務を遂行する上での安定感に予算を割いていないという事になるので、使えなくなる場合も少なくありません。

また、使用するPCが、ウインドウズなのか、マックなのか?また、それぞれのOSのバージョンによっても、使える使えない、昔は使えていたが、OSのバージョンを上げたら使えなくなってしまった。という事も、とても多い失敗の事例です。

そういった意味で言えば、運用コストは掛かるかもしれませんが、安定感安心感は担保されるという事になります。

 

とは言え安いほうがいいですよね?

 

コウガシステムの在庫管理システムは安さも際立つ!

他社の場合であれば、導入初期コストで数十万円、もしくは百数十万円という事もよくある話です。

またその上で、月額サポートで月に十数万円、かかったりします。

その理由は、不要な機能も一緒に購入するという形になっているのがほとんどだからです。

 

全ての機能をしっかり使いこなせるのであれば、その費用は正当かもしれませんが、例えば家具の販売を行っているだけの方が、食品の管理の機能としては必要ないはずです。

こういった事も、コウガシステムであれば、必要機能に絞る事で低価格で提供していただけるわけです。

 

コウガシステムの在庫管理は無料トライアルがある

最後は、そういった事も含めて、最終的に自分の事業で使えるかどうかを、資料や、画像、動画だけではわからないというのがあると思います。

これは、在庫管理システムだけでなくても、システムというものは、どういった場合でも最終的には使ってみないと深い意味での使えるかどうかは判断できません。

ところが、コウガシステムでは、14日間という無料トライアル期間を設けられてあるので、だめだと思えば辞めていいし、使えると思えば契約すればいいという事になります。

無料トライアルがある在庫管理システム

 

家具の販売事業におけるコウガシステムのまとめ

結局はどのシステムも使ってみないと答えは出せないという事は言えると思います。

今回は家具の販売として考えた際にコウガシステムさんとの親和性の高さという事で、簡単ではありますが、紹介させていただきました。

もし家具の販売をされてあって、使いやすい在庫管理システムを探されてある方は一度コウガシステムさん公式サイトをご覧ください。

在庫管理システムのコウガシステム公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。